田舎暮らしと本と映画。

邦画と本と美味しいもののこと。旅と神社と美しいものが好き。

湊かなえ 「ブロードキャスト」

湊かなえさんの「ブロードキャスト」を読みました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブロードキャスト [ 湊 かなえ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/11/7時点)


 

 

 またも何の予備知識もないまま読み始めたのだけど、

「ブロードキャスト」=放送局が番組を放送すること。

 

これは・・・、

きっとマスコミの闇を暴く物語・・・。

 

TV局に勤務する主人公(例えば女子アナとか)が、

マスコミ業界や芸能界などなどの、

一見華やかでみんなが憧れる世界で

ドロドロの事件に巻き込まれ、

その闇を湊さんが容赦なく描いていくに違いないわ・・・!

 

と、タイトルだけで、めくるめく想像をしてぞわぞわしていたら、

放送部に所属する高校生の青春ストーリーでした!

 

(あらすじ)

町田圭祐は中学の陸上部の長距離選手。

三年生の大会で、あと少しというところで全国大会出場を逃してしまう。

 

高校でも陸上を続けたいと、名門校であり進学校である青海学院を目指す圭祐。

猛勉強の末に青海学院に合格。

しかし、合格発表の帰り道、交通事故にあい選手生命を断たれてしまう。

 

目標を失い、ぼんやりと高校に入学した圭祐だったが、

同じ中学出身の正也に声を褒められ、放送部に勧誘される。

 

青海学院は放送部にとっても名門校であり、

正也は将来、脚本家になるために青海学院の放送部に入るのだというが・・・。

 

 

以前、湊さんのエッセイを読んだときに、

元々は脚本家志望だったと書かれていて、

エッセイにも湊さん作のラジオドラマの脚本が収録されていた。

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

そのエッセイ本を読んだ時に感じた、

脚本やドラマに対する「熱」の強さが再び感じられる作品で、

読んでいてグッとくる。

 

主人公たちが学生なので、

ひたむきさも、痛さも、憎らしさも、すべてむき出しで、

キュンとしたり、

じーんとしたり(読んでいてたまにいつの間にか泣いている)、

時には大人げなく本気でイラっとしたり、

怒りを感じたりと忙しい。

 

自分も学生時代は部活をしていて、楽しかったのだけど、

正也のように自分の中に確固たるやりたいことがあって、

それに向かって気力も体力もある学生時代に

全身全霊のエネルギーを注いだことはないので、

正也がうらやましくて、まぶしくて、頑張ってほしくて、キュンとする。

 

この「まぶしくてうらやましい」感じに既視感あるなあ、と思って

記憶をたどっていたのだけど、

「桐島、部活やめるってよ」の映画部たちだ!

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

作中に出てくる「Jコン」というのは、

きっとNHKのコンクールがモデルなのだと思う。

NコンWEB

 

正直今まで意識したことはなく、

放送されているのも見たことがないのだけど、

今度は見て見ようかなあ、と思いました。

 

中学の部と高校の部があって、

毎年夏に開催されているみたいです。

 

十代の、そのときにしかない繊細な感性で一から作られた作品。

普段見ているドラマや映画などとはまた違った世界が見られそうだなあ、

と思うのです。

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com