田舎暮らしと本と映画。

邦画と本と美味しいもののこと。旅と神社と美しいものが好き。

柚木麻子 「デートクレンジング」

柚木麻子さんも久しぶりに読む。

「デートクレンジング」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デートクレンジング [ 柚木麻子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/11/3時点)


 

 

 

以前読んだ「さらさら流る」が、リベンジポルノの話で、

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

私の中の柚木さんは、

「ナイルパーチの女子会」の衝撃が大きかったため、

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

今回は何の話なんだろう・・・、

「デートクレンジング」ってなんのことなんだろうか、

「デートDV」とかの話なんだろうか・・・?

 デートDVって? | 内閣府男女共同参画局

と、ものすごく警戒して読み始めたのです。

 

全然違った。

 

「デート・クレンズ」

という海外の女性たちの間で使われる言葉があり、

「デートを一定期間をお休みをして心のデトックスをする」というもの。

 

日本ではちょっとピンとこない習慣だけど、

パートナー同伴文化が日本よりも定着していると、

「デートをしない(一人で過ごす期間がある)」というのは

焦りを感じたり人目が気になるものであるらしいけど、

自分を見つめなおすために敢えてそういう期間を持つ、ということらしい。

 

そこからのタイトルで、30代女性の婚活や妊活について描いたお話でした。

以下ネタバレ含む感想です。

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

(あらすじ)

佐知子は女子大を卒業後、企業の社員食堂で栄養士として働いていた。

 

そこの社員である眠そうな眼つきで、むくむくした天然パーマの和田さん

に映画に誘われる。

恋愛経験も多くなく、出不精であった佐知子は、

そのまま和田さんの妻となった。

 

結婚後、和田さんの母が営む、小さな喫茶店「ミツ」を手伝う佐知子。

 

女子大の同級生で、

かつてはアイドルを目指していた実花は

佐知子にとって大切で大好きな親友だ。

 

実花はアイドルの夢をあきらめた後、

5人組のアイドルグループ「デートクレンジング」

の美人マネージャーとして手腕を発揮していた。

 

「デートクレンジング」は結成十年目で解散することとなり、

35歳になった実花は未婚であることに焦りを感じていた。

 

妊活・婚活などなどさまざまな「〇〇活」に焦り、それを煽る世間。

ネットニュースやドラマではよく見る題材だけど、

それって今もリアルなんだろうか?

 

そもそもの「デート・クレンズ」という言葉からして、

「ふーん・・・?日本で言うと、

ひと昔前の、クリスマスイブに1人じゃ嫌だみたいな感じ?」

と、あんまりピンと来なくて、

 

結婚(恋愛)、仕事、家族、身体のことなどなど、

人生が自分の希望通りにならないことなんて、生涯を通じて何度もある。

 

今、自分の周りでは、

「希望の予定と違ったとしてもそれにも何か意味がある、今できることを楽しむ」

という価値観の人が多い。

 

ネットで簡単に人と比べられる時代が始まって、

「一般的にはみんなこうですよ」な情報がまずは流れるから、

当初はそれで焦るのだけど、

 

一通り情報が一周して、

いろいろな立場やいろいろな気持ちを持つ人がいる、

という情報まで出てくるようになると、今度は、

「本当はみんながみんなそうじゃなくてもいいらしい」と

いうことに、

今は多くの人が気づきだしているのでは?

と思いながら読んだ。

 

一方、アイドルグループ「デートクレンジング」が

すごくイキイキと描かれていて可愛い。

 

気になったので、読んでいる途中でちょっと調べてみたら、

柚木さんはいわゆる

「ハロ(ハロープロジェクト)ヲタ」さんなのだとか。

納得!

 

メンバーの細かなキャラ設定とか、描き方とか、

「デートクレンジング」の歌の歌詞が出てきたりとか、

アイドルをどう売り出して行くか?など、

本当に好きなんだろうな、と感じられて読んでいて楽しかった。

 

女性アイドルをちゃんと見たことがなかったから、

実花の言う「異性の期待に応えない、媚びない売り方」とか、

いろいろなコンセプトが新鮮で、

そうか、いろいろなアイドルグループがあるけど、

それぞれ会社の方針やメンバーの個性に合わせて、

綿密に計算されて売り出されているのだな~、と興味深かった。

 

 「ナイルパーチの女子会」でHPを大きく減らされた経験もあるため、

実花の婚活と佐知子の妊活、そして二人の友情について、

「さぞかしドロドロするのでは」と警戒していたのだけど、

 

ひらたく言うと、実花はアイドルヲタだけど、佐知子は実花ヲタ、

というお話なので、佐知子から実花への愛が揺らがず安心します。

 

途中から登場する婚活コラムニスト・芝田さん。

この人が今回のヒールなのね、と読んでいたけど、

意外とそんなにワルでもなかったので、こちらも安心。

 

読み終わる頃には、喫茶店「ミツ」の数々のメニューが食べたくなります。

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com