田舎暮らしと本と映画。

邦画と本と美味しいもののこと。旅と神社と美しいものが好き。

映画 「億男」

本日公開、映画「億男」を見てきました。

 

f:id:koromo8oo8:20181019162607j:plain

 

原作 川村元気「億男」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

億男 (文春文庫) [ 川村 元気 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2018/10/19時点)


 

 

監督 大友啓史

出演 佐藤健 高橋一生 黒木華 池田エライザ 

沢尻エリカ 北村一輝 藤原竜也ほか

 

(あらすじ)

兄の借金3,000万円を背負い、

昼は図書館、夜はパン工場で働く男・一男(佐藤健)。

妻(黒木華)は娘を連れて家を出て行ってしまった。

 

久しぶりの娘との再会時、商店街の福引で宝くじを当てた一男。

その宝くじが当選し、3億円を手に入れる!

借金を返しても、残り2億7千万円。

 

突然手に入った大金の使い方がわからず、一男は大学時代の親友で、

起業して現在は資産100億円とも言われる九十九(高橋一生)

に相談しようと、11年ぶりに会いに行く。

 

九十九は3億円のすべてを現金化させ、大きさ重さを一男に確認させた後、

「使ってみよう」と提案し、パーティーを開いてバカ騒ぎをする。

 

浴びるように酒を飲んで眠ってしまった一男が翌朝目を覚ますと、

九十九は一男の3億円を持って姿を消していた。

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

とりあえず、冒頭のパリピを集めてどんちゃん騒ぎのシーンが、

地方在住の庶民の自分にはめちゃくちゃこわい(笑)

 

わけもわからず金の匂いを嗅ぎつけて九十九のタワマンに集まるパリピ、

たぶん金持ちだから、と狙って一男と無理やりLINE交換する美女、

美女が履いてるパンプス脱がして、

中に高級シャンパン注いで一気飲みしてウェーイ!

札束撒いてスマホで写真撮られまくってウェーイ!

こわい!こわいよー!

 

そして札束と共に消えてしまった九十九。

唯一の手掛かりは、パーティーで

LINEを無理やり交換させられた美女「あきらだよ」さん(池田エライザ)。

 

あきらの紹介で、九十九のかつての起業仲間でいずれも億万長者の、

百瀬(北村一輝)、千住(藤原竜也)、十和子(沢尻エリカ)と会うが、

いずれも癖のある人物。

 

まずうさんくさい喋り方で小太りの百瀬、

北村一輝さんだと気づくまで結構かかった。

自己啓発セミナーで荒稼ぎしているもっとうさんくさい男・千住。

北村さんも藤原さんもこのキャラをすごく楽しく演じていたに違いない!

と思うくらいキャラが濃い。

 

百瀬に会ってからは自己啓発っぽい内容になっていて、

「お金との向き合い方」「付き合い方」について考えさせられるようになる。

 

さて、この映画のもうひとつの見どころは佐藤さんと高橋さんの落語シーン!

二人は大学の落研で知り合ったという設定なので、

二人とも落語シーンがあって、

特に高橋さんの落語シーンは長め。

 

佐藤さんの「死神」も、

高橋さんの「芝浜」も通しで聞きたーーい!

(DVDの特典映像に入れたら売れると思うよ!)

 

映画を通じて一男と一緒に私達も

「自分とお金のつきあい方」についてじっくりと向き合うことになるし、

 

登場人物たちはひとりひとりお金との付き合い方が違うので、

それを見てその人がお金に対してどんな思いを抱いているのかが感じられたり、

自分のお金の付き合い方はこの人に近いなーとか、

いろいろ気付きがあって興味深かった。

 

佐藤さんと高橋さんの友情シーンは目の保養だし、

内容については帰宅してもいろいろなシーンを思い出しては

考えさせられてよい作品でした。

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com