田舎暮らしと本と映画。

邦画と本と美味しいもののこと。旅と神社と美しいものが好き。

初めてのクラシックコンサート~反田恭平ピアノ・リサイタル全国ツアー2018-2019

初めて、ピアノリサイタルなるものに行きました。

 

ここ数年、人の声が入った音楽もいいけど、

楽器だけとか、自然音とか、

そういう人の声の入らない音楽が落ち着くなあと思っていました。

 

ちょうどその頃、「ピアノの森」というマンガに出会いました。

 

歓楽街で生まれた野生児のような少年・カイが、

かつて天才ピアニストとして活躍した、小学校教師の阿字野に

ピアノの才能を見出され、ショパンコンクールを目指すお話。

 

 

そして「ピアノの森」がNHKでアニメ化決定。

主人公のカイくんの師匠・阿字野先生の演奏を

反田恭平さんというピアニストさんが担当されていることを知り、

反田さんのCDを聞くようになる。

 

 

 

それで、反田さんのHPを見ていたら、なんと!

全国ツアーで地元に来てくださることを知って!

 

うきうきとチケットを取りました。

とはいえ私も一緒に行く友達も、ピアノリサイタルに行くのは初めてで、

どの辺りの席を取ったらいいのかよくわからない。

いわゆる普通のコンサートや舞台とは「良席」が違う気がして。

 

それでいろいろと調べてみたら、やっぱりクラシックコンサートは、

音の響きとか、演者さんを見たいとか、

そのお客さんによって「良席」が違うみたい。

 

音の響きについて言えば、真ん中(縦)×真ん中(横)が良いみたいなのだけど、

私達は「反田さんの演奏中の指の動きが見たい!」と思って、

真ん中(縦)×左(横)の席を選んで購入しました。

 

服装はきれいめがよかろう、と思ってブラウスにスカートで行ったけど

基本的にやっぱりきれいめファッションの方が多かったです。

ワンピースの女性多かったなあ。

 

物販はCD付プログラム(休憩までに完売)と、CD。

CDを購入していると終演後のサイン会に参加できます。

 

 

 セトリとアンコール

「♪♪♪♪♪♪♪」のところで20分の休憩あり。

公演時間はアンコール含め2時間ちょっとだったと思います。

 

f:id:koromo8oo8:20180827115439j:plain

f:id:koromo8oo8:20180827115502j:plain

 

生で聞く演奏は素晴らしかった。

CDで聞くよりずっと。

左側の席だったから、表情は見えないけど手はよく見える。

 

耳と脳がずっと心地良くて、

おひとりで演奏されてるのに音の厚みがあって、

心臓に音色が響くのが心地良くて、涙が出た。

 

実力ある歌い手さんとか俳優さんの公演を見に行くと、

「舞台上にその歌(登場人物)をおろすために、演者さんが身体を貸している」

と思うことがよくあって、

今回も同じことを思っていた。

 

一緒に行った友達も「すごくよかった!」と興奮していて、

「また行こう」とワイワイ感想を言い合いながら帰りました。

 

また新しく好きなものが自分の中に増えて嬉しい。

当分CDを聞いて余韻に浸ります。

 

 

 

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com