田舎暮らしと本と映画。

邦画と本と美味しいもののこと。旅と神社と美しいものが好き。

帝国ホテル「インペリアルラウンジアクア」でアフタヌーンティー~東京都千代田区

東京滞在中に、

どこかのアフタヌーンティーをいただきたいなあと思っていて、

事前にあちこちのホテルのHPを見ていました。

 

一緒に行くお友達にも相談して、悩んだ末に、

今回は帝国ホテルに行くことにしました。

 

帝国ホテルのアフタヌーンティーは、

 

本館17階の「インペリアルラウンジアクア」

でいただくことができます。

https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/other_plan/plan/tea_time_menu.html

 

人気なので予約必須。

ネットで予約するのも手軽ですが、電話予約もおすすめ。

 

電話予約だと、

ネットではまだ予約できない先の日程が予約できたり、

ネット上では満席になっていても、

電話で聞いてみると空いていることもある。

 

今回は電話で予約しました。

 

席は指定せずに予約するか、窓際を指定するか選べます。

窓際の方がもちろん眺めはいいのだけど、

こちらは時間制限が2時間です。

指定しない席だと時間制限は3時間。

 

迷ったけど、せっかくなので窓際を指定することに。

楽しみ~。

 

当日、ロビーで待ち合わせ。

わー!都会の一流ホテルって感じ~!(田舎者全開)

f:id:koromo8oo8:20180103203812j:plain

 

エレベーターで17階へ。

クロークにコートを預けて、ティーラウンジへ。

 

ラウンジに入ってからは写真を撮っていないのですが、

「窓際席からの眺め」はこんな感じ。

 

ラウンジに入る前のロビーの窓から撮りました。

f:id:koromo8oo8:20180103204741j:plain

 

私たちの席からは、帝国劇場が見えて、

「ああ!あれが堂本光一くんが階段から

ゴロゴロ落ちてくる舞台で有名な帝国劇場か!東京って感じ~。」

と、田舎者全開な感想を抱き、お茶を待つ。

 

飲み物は、コーヒー・紅茶・フレーバーティー等を含む約30種類より

好きなものを何回でもオーダーできます。

 

最初はおすすめされたオリジナルブレンドティーをいただきました。

 

そして待望のアフタヌーンティー。

ティースタンドは3段。下からいただきます。

 

まずは前菜。

そして、サンドウィッチ~キッシュ~タルト、と

軽食系のメニューからいただき、

 

そして、スコーン。

クロテッドクリーム、ジャムやハチミツをつけて。

 

ケーキ、マカロン、と続き、

そしてチョコレートで終わります。

 

どのメニューも美味しい!

 

のんびりと味わいながら、景色も愛でつつ、

会話も楽しんでいたら、なんと!

2時間があっという間に経過してしまい、

最後はちょっと慌てて食べることになってしまいました(笑)

 

でも満足~。

ごちそうさまでした!

 

女性だと満腹になると思うので、

小食の方なら、普通のケーキセットなどがいいかもしれません。

 

 

田舎に暮らしていると、

ラグジュアリーな空間自体が周囲にないので、

都会に出かけるとこういう贅沢な時間と空間を楽しみたい。

 

地元でこういう話をすると、

あまりにそういう空間がないために、

「そういうところってどういう恰好で行ったらいいの?」

と、聞かれることもあるのだけど、

一流ホテルのドレスコードの多くは「スマートカジュアル」なので、

「『女子アナ』の人が着てそうな服装かなあ」といつも答えています。

 

 地方に住む女性は特に、

「自分のために贅沢をする」というのが苦手な人が多いと思う。

 

実際、私の旅の話を聞いて、

「私だけが食べるのにそういうところに行くのは・・・」

と言われることも多い。

 

接客も含めてゆったりと優雅な空間を味わうのは幸せ。

 

家事や仕事を頑張るためにも、

自分をきちんと癒す時間は大切です。

 

帰りに皇居までお散歩してみました。

 

f:id:koromo8oo8:20180103214444j:plain

たぶんだけど!

写真左上のベランダみたいなところが、

テレビでよく見る「お手振り」をされる場所なんじゃないのー!

 

皇居の周りは都心だけど、ゆったりとした空気で、

歩いていて気持ちよかった。

 

飛行機に乗って地元へ。

窓から見た東京の夜景。

 

f:id:koromo8oo8:20180103215946j:plain

 

2017年最後の旅は素敵なものになりました。

感謝。

 

2018年も素敵な旅ができますように。 


にほんブログ村