田舎暮らしと本と映画。

邦画と本と美味しいもののこと。旅と神社と美しいものが好き。

初めてトルコ料理屋さんに行きました。~「イズミル」東京都杉並区阿佐ヶ谷

旅先での楽しみのひとつはやっぱり食事。

その土地の名物を食べるのはもちろん楽しいですが、

私のように田舎で暮らしていると、

「地元では食べられないもの」もお店選びのポイントになります。

 

今回は「地元では食べられない外国料理」のお店に行こう!

と、思っていろいろと調べてみる。

 

大都会東京には想像以上にいろいろな国の料理屋さんがあって、

「その国はどの辺にあるのだっけ?」

「国名はわかるけど何が出てくるのか全く予想できない」

くらいの珍しい国の料理屋さんもたくさんある。

 

なんとなく何が出てくるか予想がついて、

そして日本人の舌に合うところがいいな・・・、

と、安全安心な路線で選ぶことにして、

トルコ料理屋さんに行くことにしました。

 

阿佐ヶ谷の「イズミル」さん。

イズミル

ぐるなびイズミル

 

私、すごーく勝手なイメージで、

外国料理屋さんって、

駅近くのメイン通り(チェーン店の居酒屋やファミレス中心)

から、一本外れた裏通り的な道をしばらく歩いて行く、

みたいなことを思っていたのだけど、

 

「イズミル」は阿佐ヶ谷駅からすぐの駅ビルの中にあります。

お店は家庭的な雰囲気。

混み合っています。人気のお店なのですね。

 

まずはスパークリングワインで乾杯。

壁紙も外国っぽくて可愛い。

f:id:koromo8oo8:20180124212053j:plain

 

さてトルコ料理って、正直なところ「ケバブ」しかわからない・・・。

なのでおすすめを出していただくことに。

 

前菜の盛り合わせとトルコのパン。

f:id:koromo8oo8:20180124212454j:plain

 

前菜のディップどれも美味しかった。

豆とか野菜とかスパイシーに味付けしてあるけど、

ヨーグルトやトマトソースであえられていて、

日本人好みのさっぱりとした感じ。

モチモチ食感のパンが進む。

 

そしてケバブ!

 

f:id:koromo8oo8:20180124211113j:plain

 

ジューシーでスパイシー。

羊肉だけどくさみはなくて食べやすいです。

 

写真がないのだけど、あと2品くらい食べたかなあ。

そのうちの一つは「マントゥ」という

ラビオリにヨーグルトソースとトマトスープをかけたもの。

優しいお味でした。

 

シメは甘~いトルココーヒー。

f:id:koromo8oo8:20180124214345j:plain

 

カップの底の模様で占いができるっていうトルココーヒーだよね?

飲み終わった後、のぞいてみたら確かに個性的な模様ができてました。

 

トルコ料理ってスパイシーな料理だというイメージがあったのです。

確かにスパイシーなんだけど、

でもそれを包む柔らかさがあって、想像よりもさっぱりしていて、

日本人好みの料理だな~って思いました。

 

駅近なので土地勘のない人間でも行きやすくおすすめ。

珍しい料理が食べられて楽しかった。

ごちそうさまでした!

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 

 

 


にほんブログ村