田舎暮らしと本と映画。

邦画と本と美味しいもののこと。旅と神社と美しいものが好き。

東野圭吾 「恋のゴンドラ」

ブックレビュー 東野圭吾「恋のゴンドラ」

 

今年「疾風ロンド」を読んで、

これはその続きかなあと、何の前情報も持たないまま読みました。

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

きっとまた里沢温泉スキー場が舞台で、

根津さんとか出てきて、

今度は何が起こるのだろう?

連続殺人事件か、はたまた・・・、と想像しながら読み進める。

 

どうやら短編集らしい。

7つの物語が収録されています。

 

一話目の「ゴンドラ」。

会社員の広太は合コンで知り合ったばかりの桃実とスノーボードに来ていた。

桃実とはまだ恋人関係ではないが、この旅行は泊りがけだ。

これを機に深い関係になるのだろうと広太は喜びを隠し切れない。

 

しかし実は広太には長年交際している恋人・美雪がいた。

しかも美雪とは婚約している。

 

秘密の旅行のスキー場で桃実とゴンドラに乗り込んだ広太。

なんとそこには美雪が乗っていたが・・・。

 

おお、一話目は恋愛ものかー、

この前読んだ「素敵な日本人」みたいに、

いろいろなタイプの話が入ってる感じなのかな?と思ったら、

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

なんとほぼ全話恋愛小説でした。

意外!

 

基本的には、都内のある高級ホテルの同僚のアラサー男女がメインで、

そこに一話目の登場人物の広太・桃実・美雪も関係してくる。

お話ごとにメインの登場人物が違う感じ。

 

根津さんも出てきます。

名脇役、的な立ち位置。

 

さらっと読みやすく、

お休みの日なら一冊一気に読めてしまいそう。

 

この本に登場するある男性キャラクターが本当に不憫で、

この人になんとか幸せになってほしいので、

続編をお待ちしています。

 

 

   
にほんブログ村

koromo8oo8.hatenadiary.com