田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

舞台 「鎌塚氏、腹におさめる」(ネタバレあり)

M&Oplaysプロデュース 

舞台「鎌塚氏、腹におさめる」観劇しました。

f:id:koromo8oo8:20170906092606j:plain

作・演出 倉持裕

CAST

三宅弘城 二階堂ふみ 眞島秀和 

谷田部俊 玉置孝匡 猫背椿 大堀こういち

 

(ネタバレなしのあらすじ)

「完璧なる執事」鎌塚アカシ(三宅弘城)の

今回の主人は綿小路サネチカ公爵(大堀こういち)。

 

鎌塚と同じく使用人の太田代(猫背椿)と毛呂(谷田部俊)は、

推理マニアで綿小路家の一人娘のチタル(二階堂ふみ)

の探偵ごっこに振り回される日々だった。

 

屋敷にはサネチカの亡くなった妻の弟・ヤサブロウ(眞島秀和)と、

その執事・宇佐(玉木孝匡)も滞在しており、

ヤサブロウはサネチカともチタルとも喧嘩ばかりしている。

 

そんなある日、屋敷の中で本当に殺人事件が起きてしまう。

夜明けまでに謎を解くと決意する鎌塚たちだったが・・・。

 

 

舞台「鎌塚氏」シリーズの第4弾。

毎回、島根公演に来てくださって本当にありがたい。

田舎のエンタメ好きは「現場」に飢えています。

 

(以下、舞台内容についてネタバレします!)

 


 

 

今回のヒロインは二階堂ふみさん。

せっかく旬の女優さんを生で見たので、

気の利いた表現でその可愛らしさをシェアしたいのだけど、

すみません、後にも先にもこれしか出てこない。

 

「お人形さんみたい。めっちゃ可愛い。」

 

基本の「お嬢様スタイル」(腰までのふわふわロングヘアにAラインロングワンピ)

も可愛いのだけど、

後半のメイド服での登場~~~!!

 

栗色のマッシュルームボブ、正統派メイド服で淡々と動く姿。

人形が命を吹き込まれて動いてるみたい。

・・・と、思っていたら、

ちゃきちゃきに踊りながら、三宅さんと「林檎殺人事件」熱唱。

 

三宅弘城さん。

むしろ「ヒロイン枠」と呼んでしまいたいくらいキュート。

てきぱきと動いて、表情も豊かで、身軽で、舞うように舞台を駆ける。

玉置孝匡さん(玉木さんを見ると「ああM&Oの舞台来たー!」

ってテンション上がる)とのやりとりは心地良くでずっと見ていられる。

 

お客さんは開演からずっとくすくすと笑っていて幸せな空気が漂っている。

 

今回のイケメン枠、眞島秀和さん。

眞島さんは私の脳内にある

「いつかは生で見てみたい俳優リスト 」に入ってた方で、

今回観劇できて嬉しかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小栗旬 ]
価格:19440円(税込、送料無料) (2017/9/6時点)


 

 

すらっとしててスタイルよくて、色気があって、

すごーくかっこよかったです。眼福。

「毒舌なんだけど、毒舌すぎてじんましんが出るようになっちゃったから、

ポジティブ発言して体調を保つ」設定の役、可愛すぎる。

 

ラスト、二階堂さんをお姫さま抱っこするシーン。

会場中の女性客の目がハートになったと思う。

いいもの見せていただきました。

 

鎌塚氏シリーズは毎回お笑い芸人さんを起用されるけど、

いつも本職の俳優さん顔負けの、繊細だったり味がある演技をされるので、

「○○さんにこんな一面があるなんて!」と思わせてくれてとても楽しい。

今回も「我が家」の谷田部さん、憎めないダメ使用人役よかった。

 

最初は「谷田部さんというお名前の舞台俳優さん」として見ていて、

「あれ?『我が家』の人だよね?谷田部さんってその谷田部さん??」

って途中で気づいたくらい違和感なかった。

 

M&Oplaysさんが島根で公演をしてくださるようになって、

たぶんほぼ皆勤なのだけど、今までずーっと一定して客層は、

「30~50代の女性がほとんど、男性は付き添いの夫」だったのです。

 

でも今回の舞台はわりと男性が多くて、

学生さんとか、仕事帰りのサラリーマン同士とか、

いつもは見ない面々が着席していて嬉しかった。

 

島根でよい舞台をたくさん見るためには

やっぱりいろいろな層に足を運んでもらうことが必要だから。

 

カーテンコール、いつまでもやまない拍手。

役者さんからご挨拶。

三宅さんからは島根県民へ嬉しいお言葉もいただく。

田舎の人は真に受けちゃうよ!だから待っちゃうよ!

 

舞台「鎌塚氏、腹におさめる」は、続いて

広島、宮城、富山、静岡で公演されるそうなので、

お近くの方は是非。

 

 
にほんブログ村

koromo8oo8.hatenadiary.com