田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

林真理子 「中島ハルコはまだ懲りてない!」(備忘録)

林真理子 「中島ハルコはまだ懲りてない!」(備忘録)

 

 

前作「中島ハルコの恋愛相談室」が、

おもしろかったので続編も読みました。

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

アラフォーの独身フードライターいづみは、

相変わらず中島ハルコと行動を共にしていた。

 

①いづみ、バツイチで豊満な体形のお金持ちの恋人ができる

②実家にお茶室を持つお金持ち奥様、夫が外に子供をもうけている

③いづみの恋人の義理姉の息子、医学部を退学してしまう

④梨園の妻、別居中の夫の女性関係に悩む

⑤美人韓国人コーディネーター、日本の仕事が減ったことに悩む

⑥50代の女性実業家、18歳年下の恋人を持つ

⑦料理研究家の女性、相続問題で実家を売りたくない

⑧いづみ、再び不倫の恋に落ちる

⑨24歳男性スポーツトレーナー、顧客の50代女性に迫られる

⑩ハルコ、いづみと恋人に結婚をけしかける

 

前作と同じ、ハルコさんといづみが美味しいものを食べているところに

同席する人物が身の上相談をして、ハルコさんがバッサリ切る。

 

前作を読んだときに実写化されたらおもしろそうだなーと、

思ったので今回は最初から黒木瞳さんで置き換えながら読んだけど、

(ドラマ化されるなら、ハルコさんはガッツリ美女が当てられそうだから)

やっぱり口調が林真理子さんそのもので、

黒木瞳さんは早々に脳から去りました・・・。

 

おもしろく読めるのだけど、

前作より相談者の悩み相談が濃くて、

「あ・・・、都会の奥様方にはそ、そのようなお悩みが・・・。」

とちょっと引く(笑)

 

林さんのエッセイの小説版みたいな感じ。

読みやすく一気に読めました。

 


にほんブログ村

koromo8oo8.hatenadiary.com