田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

林真理子 「中島ハルコの恋愛相談室」(備忘録)

林真理子「中島ハルコの恋愛相談室」(備忘録)

 

 

(あらすじ)

アラフォーのフードライターいづみは、パリにいた。

仕事もうまくいかず、長い不倫の恋にも終わりの予感を感じていた。

 

宿泊先のホテルで図々しいが美しい、50代の日本人女性と出会う。

彼女の名は中島ハルコ、美容関係の会社を経営しているそうだ。

ハルコのパワーに圧倒されつつも憎めず、

いづみは初対面のハルコに人生相談をしてしまう・・・。

 

・ハルコさんが人生相談に乗る10の短編集

・ハルコさんといづみの出会いから始まり、

その後は1話ごとに違う人物が登場し、その人がハルコさんに相談をする。

 

①アラフォー女性、不倫相手にお金を貸してしまう

②ハルコ、身の上を語る

③老舗和菓子屋、跡取り息子がミュージシャンになりたがる

④東大出身OL、結婚相手に出会えない

⑤セレブ経営者、不倫して再婚した後の新しい愛人が本妻のように振舞う

⑥40歳初婚女性、結婚を親に反対される

⑦バツイチ女性、めくるめく世界を体験したい

⑧50代主婦、定年退職後の夫の扱いに困る

⑨高級割烹店主、おかみである妻が客と不倫する

⑩海外在住日本人、子供たちの進路に迷う

 

ananのエッセイに登場するようなエピソードが物語になっているので、

どうしてもどうしてもハルコさんが林真理子さんにしか置き換えられない。

(だってハルコさんの口調が「ちょっとオ」とか、

エッセイの林さんの話し方まんまなんだもの・・・。)

 

物語自体は面白い。

東京で男女と人間のドロドロをたくさん見てきた方が書いているから、

登場人物の描かれ方がリアルで生々しい。

 

この作品、一話完結の連続ドラマにすると、

週の真ん中あたりの夜に気楽に見ることができそうで楽しそう。

 

おもしろかったからシリーズ化しそう、と思っていたら、

既に第二弾が出ていました。

こちらも読まなきゃ!

 

 


にほんブログ村

koromo8oo8.hatenadiary.com