読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

ずっと使いたいと思える実用的な腕時計を探す旅を終えて。

ずっと使いたいものを探す旅 日常 お買い物

ずっと使いたいものを探す旅シリーズ、

第7弾は実用的な腕時計です。

(こちらのシリーズは「長く使うもの」を買う時は、すごく時間をかけて下調べをして買う私のお買い物レポです。)

 

腕時計を買いました。

 

実は私、学生時代に

両親からプレゼントされた腕時計をずーっと使っていたのです。

 

セイコーの革ベルトのもので、

ベルト部分だけを定期的に交換していて、

本体部分は全く故障も傷もなく綺麗なままで、

シンプルなデザインだったので服も選ばずで、とても重宝していました。

 

でも近年どんどん電池交換のスパンが短くなってきて、

「ああ、さすがに寿命かなあ」と思ったり、

自分もいい大人になっていることだし、

今の自分に合う腕時計を新しく買うことにしました。

 

今度のは金属ベルトで女性らしいデザインがいいな。

 

大人になってからちゃんとした腕時計を買うのは初めてなので、

大人の女性が使う腕時計のお値段の相場とか、

どこのメーカーのがあるのか、

どんな機能なのかとか、そういうのがよくわからない。

 

ファッション誌的な知識により、

「えーっと、大人の女性の時計・・・、カルティエとか?」

と、百貨店の時計売り場に寄ってみる。

 

素敵~。

 

 

他のブランドの時計も見せてもらう。

時計メーカーさんはもちろん、大抵のファッションブランドは腕時計を出している。

20~50代女性対象の腕時計なんて、本当に星の数ほどあるのだなあ・・・。

お値段も、お手頃なものから車が買えるものまで。

 

どれも綺麗だなー、

お高いものになると、

「エイヤー!」案件だけど素敵だなー、とうっとり。

 

そして最初に「腕時計を買うぞ!」と決めた時期に、

たまたま神戸の三田アウトレットに行く予定があって、

そこには日本で唯一の「ハミルトン」のアウトレット店があると聞き、

そちらの公式ページも見てみる。

www.hamiltonwatch.com

 

こちらも素敵!

 

この頃は、都会に出かける機会があると

必ず百貨店の時計売り場に寄っていました。

 

都会の売り場は大きいので、

国内・海外製品と一気にいろいろ見られてありがたい。

 

 

同じメーカーでも、

お手頃価格のラインからハイブランドラインまで見られる。

気になったメーカーは、カタログももらって家でも見ていました。

セイコーの「クレドール」素敵~。

 

 

が、いろいろ見ているうちに平成29年の日本には、

電池交換不要の時計があることを知ります。(遅い!)

でも基本的に「ハイブランド」でソーラーというのはないみたい。

 

先代腕時計の電池交換の頻度に困惑していた私には衝撃的な情報で、

周囲のソーラー腕時計愛用者たちに話を聞いてみると、

本当に電池交換の必要なく動いてくれるらしい。

(お店で聞いてみたところ、「電池交換の必要なく動いてくれる部品」自体の劣化はあるので、定期的にオーバーホールしていただければとのこと。)

 

更に、平成29年の日本には、

正確に時刻調整してくれる「電波時計」なるものもあると知り(遅い!)、

 

そして先代の「セイコーさん」が

本当にちゃんとした一品だったことからも、

 

ハイブランドの宝飾品的な時計はもちろん素敵だけど、

それは2本目以降に持つもので、

「腕時計」として、日常生活で長く使うことを考えれば、

 

購入条件は、

「日本のメーカー、ソーラー、(できれば電波も)」

と、決めました。

 

ひとつのお店にカタログ掲載品がすべて置いてあることはないので、

いろいろなお店をのぞいて、店員さんとお話をしながら腕に合わせてみる。

 

カタログで見たときは「素敵!」と思っても、

合わせてみたら自分には似合わなかったり、

ノーマークの一品が、合わせてみたらしっくりきたりする。

 

地の肌の色によって、似合う時計は本当に人それぞれなので、

時計は靴と同じくらい試着が欠かせない商品だなーと思いました。

 

それで、機能、デザインときて、あと大事なことは「価格」。

安くないお買い物をするなら、

ちょっとお安く買えたりすると、やっぱり嬉しい。

 

例えば百貨店で買うとしたら、

どこの百貨店もそのお店のクレジットカードがあって、

それらは大抵年会費が無料で、

それを持っていると年に数回の「特招会」で15%~20%OFFで購入できるので、

「お急ぎで探しておられないのなら、そういう買い方もあります。」

というお話も聞きました。

(あと「友の会」で商品券を積立するとか。)

 

で、「日本のメーカーで探してます。」と言うと、

「セイコー、シチズン、カシオ」の3社を紹介されるのだけど、

広告を担当している女優さんたちが若いのが気になって!

 

綾瀬はるかさん、北川景子さん、木村文乃さん。

本当に年を重ねても使い続けてよいのか、と不安になる。

 

店員さんに聞いてみると、

「若い方に関心を持ってもらうためだと思います。

普通に40代~50代の方も使っておられますし、

還暦の記念に買われたりもされますし。」

と、言われほっとする。

 

で、自分の好み的にはセイコーとシチズンかな、と思って、

この2社で絞込。

 

「セイコー、シチズンのソーラー腕時計で、長く使えるもの。」

という条件でお願いすると、どこのお店でもおすすめされた商品たち。

 

★シチズン 「XC」サクラピンク・チタン

 

 チタン素材の時計は、軽いし、金属アレルギーの人にも優しいそう。

「サクラピンク」というのが日本女性の肌に合わせて開発された独自の色だそうな。

ソーラー・電波時計。

 

「XC」の他のシリーズはこちら↓↓

citizen.jp

 

ソーラー電波のものと、ソーラーだけのものがある。

チタン素材はサクラピンク以外もあり。

 

 

★セイコー 「エクセリーヌ」シリーズ

www.seiko-watch.co.jp

 

セイコーのレディース時計で一般的な「ルキア」よりも大人向けのライン。

ソーラー電波のものと、ソーラーだけのものがある。

チタン素材あり。

 

 

★シチズン 「EXCEED」シリーズ

citizen.jp

 

シチズンのレディース時計で一般的な「XC」よりも、大人向けのライン。

ソーラー電波のものと、ソーラーだけのものがある。

チタン素材あり。

 

たくさんの種類を実際腕に合わせてみて、

最終的には2つで迷って、

長く使うことを考えて、より落ち着いたデザインの方を選びました。

 

ベルトの調整をしてもらって、

自分の腕にしっくりと収まった時計を見たときの安心感と愛しさ。

 

本当に納得がいくお買い物ができたときの

この安心感と幸福感を味わうと、

長く使うものは、面倒でもやっぱりじっくり見てから買いたいと思う。

 

来てくれてありがとう。

これからよろしくお願いいたします。

 

 ↓↓その他のお買い物、トレンチコート、疲れないパンプスなどなど。

koromo8oo8.hatenadiary.com

このブログの目次 - 田舎暮らしと本と映画。


にほんブログ村