読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

有川浩 「アンマーとぼくら」(備忘録)

ブックレビュー 作家 あ行

備忘録です。

有川浩「アンマーとぼくら」(ネタバレなし)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンマーとぼくら [ 有川浩 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)


 

 

 〇かりゆし58のシングル曲「アンマー」から生まれた作品。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンマー [ かりゆし58 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)


 

 

(あらすじ)

東京で働くぼくは3日間の休みを取って沖縄に帰ってきた。

沖縄はぼくの2番目の故郷。

最初の故郷は北海道で、その地で実母を亡くした。

 

カメラマンの父は仕事先の沖縄で出会った晴子さんと恋に落ち、

晴子さんはぼくの「おかあさん」になり、ぼくらは沖縄に移住した。

 

その父も亡くなった。

ぼくはこの3日間、

沖縄でガイドをしているおかあさんと共に旅をする・・・。

 

〇一般的な小説と思って読むとちょっと違和感。

半分は沖縄の観光ガイド本的な印象。

「県庁おもてなし課」のような。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

県庁おもてなし課 [ 有川浩 ]
価格:761円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)


 

 

 

有川さんが書いているガイド本なので、

物語も生まれて一緒に綴られている、

と、思うと納得して、読んでいるうちに普通に泣いてしまう感じ。

 

〇故郷の高知の紹介も。

作中「おかあさん」が話していた本は、サイバラさんの本。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いけちゃんとぼく [ 西原理恵子 ]
価格:555円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)


 

 

このブログの目次 - 田舎暮らしと本と映画。


にほんブログ村