田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

ずっと使いたいと思える長時間歩いても疲れないパンプスを探す旅を終えて。

トレンチコート、財布、スニーカー、スニーカー買い足し、

と来て、

ずっと使いたい○○を探す旅シリーズ第五弾は、

「長時間歩いても疲れないパンプス」です。

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

長時間歩かなければならない日なのだけど、

ペタ靴やスニーカーじゃなくて、

パンプスを履かなくてはいけない日用のパンプスがほしいなー!

と、前から思っていました。

 

思いつつもなかなか「コレ」というものに出会えません。

 

完全にラクなものだと、

おばあちゃんのウォーキングシューズ的なものになる。

 

「パンプス」の外見を持ちつつ、足の痛みは「まあなんとか我慢できる」

くらいの品だとわりとたくさんあるのですが、

出張と旅行が同時期に入り、ついに本腰入れて探すことにしました。

 

「ダイアナ タラントン」

talanton.jp

基本はデスクワークなんだけど、わりとパタパタ動きます、

くらいの運動量だったら、ダイアナさんはピンヒールでも大丈夫。

 

見た目よりタフな、頼れる「美人さん」で好きです。

そんなに歩かない日はこちらを履いています。

 

ああ、でも今回はもっとガツガツ歩けるやつが欲しい。

 

以前試し履きしたときに「心地よい!」

と、気になっていた「ワコール サクセスウォーク」。

 

ヒールの高さは、3.5cm、5cm、7cmなのですが、

7cmヒールでも足に負担がかかりません。

 

土ふまずの部分が厚いのと、

他社品よりヒールが靴の中央部分よりに来ていて、すごく楽です。

 

プレーンパンプスも楽だけど、完全に楽なのが欲しかったので、

ベルト付の5cmを履いてみる。

 

 

これはつま先が丸いデザインのもあります。

私はスクエアの方が合ってたのでこちらで。

 

同じサイズで靴幅も3種類あります。

 

「ピッタ~」と、足を包んでくれて、

ベルトがあるから踵~足首が固定される安心感。

 

「これで決まりかなあ・・」と思ったけれど、

もうひとつ気になっているメーカーがあって。

 

「アシックス GIRO(ジーロ)」

 

 

土ふまずのガッツリ安定感は「サクセスウォーク」がいいのだけど、

こちらの「ピタ~感」と安定感も心地いい。

踵がコツコツ鳴らないのもポイント高い。

 

靴ってメーカーによって微妙にサイズが違うのですが、

私の足のサイズだと「GIRO」の方がよりピッタリくる。

これに決定。

 

その後、出張に出かけました。

 

ガンガン歩いたけれど、足が痛くない!

疲れないのに時折ビルのガラスに映る自分も、

ちゃんと「パンプス姿」で嬉しい。

 

これから頼りになりそうな一足です。

このブログの目次 - 田舎暮らしと本と映画。


にほんブログ村