読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

伊勢志摩をまわりゃんせ!~鳥羽水族館から伊勢神宮参拝

こちらの記事は2008年3月に伊勢志摩旅行をした時の旅レポです。

記事内に登場するお店や参拝方法等は2008年当時のものです。

**********************************************************************************

1泊2日の伊勢旅行から無事帰宅しました。 

 

(1日目)

始発の特急列車に乗るので、夜中の3時に起床。

絶対に寝過ごせないと思いつつ寝たから2時間置きに目が覚めた・・・。

無事に5時の特急に乗車。

 

11時に鳥羽に到着。

鳥羽は真珠の街。

駅の周りにいろいろお土産屋さんがあって、安くて可愛いアクセサリーがたくさん!

一目ぼれした真珠のピアスを購入。

(2016年注:今でもスタメン起用のピアスで大変重宝しています。)

 

駅から歩いて10分、初めての鳥羽水族館♡

www.aquarium.co.jp

 

「熱帯地方の鳥と植物」という部屋があったので入ろうとすると、

「鳥を放し飼いにしております。

鳥がそそうをする可能性がありますのでご了承ください。」

とサラッと書いてあるのであわてて引き返す!!

いやいや了承できませんて💦

周っていてとても楽しい水族館でした~。

 

15時に志摩スペイン村に到着。

www.parque-net.com

フラメンコを見た後、帰りのバスまで時間があったので適当に何かに乗ることに。

 

たまたまブラブラしてると、

「闘牛を疑似体験できる闘牛コースター」というのがあり、

「これでいいんじゃない?」と、あまり説明も読まずに乗ってみたら、

闘牛場の映像が流れる真っ暗な建物の中で、

ガンガン高速回転するジェットコースターだった・・・。

(絶叫マシン系嫌い)


もう大人なのに、

「いやーーー!!いやーーーー!!」と大騒ぎしてしまいました・・・↓↓

 

闘牛コースターにパワーをすっかり抜かれ、バスに乗り込む。

宿泊先は奮発して、志摩観光ホテルにしました♡

www.miyakohotels.ne.jp

f:id:koromo8oo8:20160425184821j:plain

ここのホテルは「華麗なる一族」の万俵家がお正月を過ごす定宿。

 

f:id:koromo8oo8:20160425184835j:plain

 ロケにも使われたレストランで、あわびや伊勢海老のコースをいただきました。

私はふだん、海鮮よりは肉派だけど、おいしかった~~。

 

「大奮発して来ちゃいました。えへ♡」

な、私たちのようなコムスメとは違い、 周囲は、

「このホテルは伊勢に来るときの定宿ですがそれがなにか?」

みたいな品のいいご夫婦ばかり・・。

このホテルで過ごしていても違和感のない、素敵な大人の女性になりたいな。

 

食後はホテルの部屋でワインを飲んでひたすら語り合う。

1年分の近況報告から、女子マラソンの順位予想まで話は尽きず。

24時半就寝。バタンキュー。

 

(2日目)

朝9時に伊勢市着。

この日の目的は伊勢神宮の参拝。

f:id:koromo8oo8:20151229115357j:plain

 

伊勢神宮外宮→「道開きの神様」猿田彦神社

→伊勢神宮内宮→伊勢神宮別宮「月讀宮」 のルートで参拝。

 

内宮の柵の中の神域に入って参拝する「御垣内参拝」も経験できました。

①お守りを売っている場所で寄付の受付をしているのでそこで寄付をする。

②寄付をすると参宮章(ハガキ)がもらえる。

③内宮の正宮の横の神主さんの詰所があるので、ハガキを提示する。

④神主さんの誘導で、柵の中に入れてもらえてそこで参拝する。

(服装規定あり。私たちはスーツで行きました。)

 

普通の人は柵の外からの参拝だし、

お賽銭箱の前には垂れ幕があるので正宮の姿はあまり見えません。

でも中に入れてもらえると当然よく見えるし、本当に全然空気が違う。

 

おかげ横丁で海鮮丼を食べて、

www.okageyokocho.co.jp

 

お土産に「赤福」を買おうと思ったのだけど、

赤福はどこの店も100人以上並んでいて!!

(2016年注:この年食品衛生法違反で休業していた赤福が販売を再開したのです。)

一応並んでみたけど、私たち10人くらい前のところで完売しちゃいました・・・。

 

15時半、伊勢市出発、地元へ。

お天気にも恵まれて本当にいい旅でした。

 

伊勢神宮の別宮をもっといろいろ行きたいので、

いつか伊勢だけで泊りがけで行きたいなあ~!と思いました。

このブログの目次 - 田舎暮らしと本と映画。