読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

湊かなえ 「リバース」(ネタバレなし)

ブックレビュー 湊かなえ「リバース」

 

 (あらすじ)

大学卒業後、事務機会社で働いている僕・深瀬和久には秘密がある。

大学時代に親友の広沢を交通事故で失った。

しかし、広沢の死に深瀬自身が関わっているのだ。

 

ある日、恋人の美穂子の勤務先に怪文書が送られる。

そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた・・・。

 

 

ネタバレしちゃうとこの本を読む楽しみがほぼなくなってしまうので、

絶対に以下、ネタバレはしません!

 

湊作品初の男性主人公作品だそうです。

確かにいつもと雰囲気が違って多少サッパリとした印象。

湊作品の女性たちってドロッと濃いから・・・。

 

寝る前に少しだけ読もうと開いたら止まらなくなってしまって、

寝落ちするまで読みふけって、

翌朝、起きてすぐに朝食も取らずにラストまで一気読みしました。

 

読み切るまでの心の流れを書くと、

おもしろいなー → おもしろいなー → あの人が怪しいと思うわ!

→ ああ、こういう感じで終わるのね、湊さんにしては優しい雰囲気ね。

→ ・・・・・。がーーーん。

→ やっぱり湊かなえは、せいかくがわるいーーー!!!(褒めています)

 

そんな感じです。

「やっぱり、湊かなえはせいかくがわるいー!!!(褒めています)」

という気持ちで本を閉じ。

 

何だろう、この満たされた気持ち。

 「湊さんの作品は、やっぱりこうでなくっちゃ!」的な満たされ感。

 

主人公の深瀬がコーヒー入れの名人のため、

作中頻繁に登場するコーヒーとはちみつが美味しそうで!

映像化したら美しいだろうなあ。

 

メインの登場人物は20代の男性たちなので、

連ドラにするとすごく華やかで、ヒットしそう。

 

これから読まれる方は、休憩時にいただけるよう、

上質なコーヒーとはちみつを準備してお読みくださいませ。

このブログの目次 - 田舎暮らしと本と映画。