読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

NHK連続テレビ小説「だんだん」イベント公開録画レポ(後編)~イベント最初から最後まで。

ドラマ 舞台

こちらは島根県を舞台にした、

2008年後半のNHK朝の連続テレビ小説「だんだん」イベントの

公開録画の観覧に行った時のレポです。

 作 森脇京子

出演

三倉茉奈 三倉佳奈 吉田栄作 石田ひかり 鈴木砂羽

山口翔悟 久保山知洋 東島悠起 木咲直人 

石倉三郎 伊武雅刀 三林京子

夏八木勲 藤村志保 

竹内まりや(語り)

 

(あらすじ)

島根県松江市の高校生めぐみ(マナ)は歌うことが大好き。

幼なじみの康太(久保山知洋)と俊(東島悠起)と

「シジミジル」というバンドを結成していて、元気に路上ライブを行っている。

 

ある日めぐみは、出雲大社で偶然自分と同じ顔の舞妓のぞみ(カナ)と出会う。

実はめぐみとのぞみは生き別れた双子の姉妹だった。

 

そんなある日新人発掘のために島根に来ていた

芸能会社のスカウトマン石橋(山口翔吾)に

めぐみはデビューの話を持ち掛けられるが・・。

*************************************************************************

地元のホールで、NHKの朝ドラ「だんだん」イベントが開催され、

公開録画を見に行ってきました~。

放送も終了しましたのでレポUPします。

 

レポ前編はこちら↓↓

koromo8oo8.hatenadiary.com

 

 本日のイベントの出演はこちらの5名様!

f:id:koromo8oo8:20160130202808j:plain

上段左 康太役 久保山知洋さん

上段右 のぞみ役 三倉佳奈さん

下段左 俊役 東島悠起さん

下段中央 めぐみ役 三倉茉奈さん

下段右 石橋役 山口翔吾さん

 

開演前に拍手と笑顔の練習。

 

開演と同時に登場したのは、マナカナ&康太&俊。 

作中に登場するバンド「シジミジル」の定番ソングである、

「一日一杯のシジミジル~♪」の歌でイベントスタート!

 

この歌、意外に長い歌で、

いつまでもいつまでも歌詞を変えて続いていくので、だんだん戸惑いだす客席(笑)

 

この時点で、

俊がテレビで見るよりものすごく男前なことに気づいた女性客たちが

「俊・・カッコイイ・・・♡」とつぶやき始める。

 

MCなしでそのまま「赤いスイートピー」  

現在放送中の時点で、のぞみと康太が婚約したばかりだったので、

「のぞみ~!康太~!婚約おめでとーーー!!」

の歓声が上がり、照れ笑いを浮かべるふたり。

 

後ろにあらかじめ用意されたソファーセットでトークコーナー。

司会はNHKのアナウンサーさん。

 

ここで石橋さん登場!

客席「キャーーーーーー!!♡」

「も~う!ひとりだけ声援の種類違うやーーん!(笑)」と、突っ込むマナカナ。

 

松江ロケの思い出を語る5人。

緊張してるのか一人挙動不審な石橋さん。

 

俊 「お気に入りの松江食は、ロコちゃんからもらったウエダのワッフル。」

石橋 「鈴木砂羽さんたちと飲んだときに食べた宍道湖うなぎがおいしかった。」

 

メンバーが出雲そばの話題をなかなか出さないので、

「俺はやっぱり出雲そば!!」とドヤ顔の康太。

「うわ~~!今のドヤ顔、ムカつく~~!」と即座に突っ込む石橋&俊。

 

マナ 「みんなで松江の地図を広げて、役作りのために『思い出』を想像したんです。

きっとカラコロ工房には遊びに行った思い出があるんだろうとか、

ここ(たぶん松江北高)が学校だから通学路がここかなー、とか。」

 

康太・俊 「思い出想像、やったなあ~。健太郎(マナの弟役)も一緒に!」

カナ 「あ・・それ私、参加してない・・↓↓私は祇園の子だからな~・・。」

NHKアナ 「(さわやかに)石橋さんも仲間はずれな感じですよね!」

石橋 「一番仲間はずれですよ(苦笑)」

石橋さんが緊張気味なため、耳打ちしたり小突いたり、気を使う俊。

 

石橋、と言えば「クセのあるセリフ」という話題になり、

「ここで再現しちゃおうよ~!」という展開に。

マナを相手にラブシーンを再現すると生々しいからか、

なぜかマナの代わりに俊がマナを演じることに。

 

(出生の秘密を知ったマナが松江城でしょんぼりしてるところに

突然石橋が現れて、マナを抱きしめる場面の再現)  

俊 「なしてここにおるかね!!なして~~(号泣)」

石橋、俊をギュッと抱きしめる!!

俊 「何するかね!!ケダモノだが!!」

 

石橋 

「泣いてる女の子にはチョコレートをあげるか、

抱きしめるかのどちらかなんだ・・・。」

 

客席 「フーーーーーーー!!」

 

再び歌コーナーのため、石橋さんは退場。

客席から「残って~~!!」声が上がり、

本人は残ろうとするが、スタッフからNGが出る。

「大人の事情なので(笑)」と困った笑顔で去っていく石橋さん。

 

歌は、「上を向いて歩こう」「あの素晴らしい愛をもう一度」

「あの素晴らしい愛をもう一度」で、

マナカナに、

「一緒に歌って~~♡」と言われ、シャイな島根県人なりに懸命に歌う。

 

さらに、

「スィートジュノ」(作中の姉妹デュオ)のコーナーになり、康太&俊も退場。

「M」を二人で歌う。

 

再びトークに戻り5人になる。

知夫村ロケで大歓迎されたことなど。

今後の放送のネタバレ映像が少し流れて、

「これ流しちゃっていいんですか?」とあわてるマナ&石橋。

 

最後は「いのちの歌」を5人で歌う。 

 鳴り止まぬ拍手でそのままアンコール。 

 

アンコールは康太の提案により「赤いスイートピー」

康太 「番組でよく流れたので歌詞を知ってる人は、是非 一緒に歌って・・・・」 

役のように「ごしない!」と言うかと思ったのに、

つい標準語で 「ください!」と言ってしまったので、どつかれる康太。

 

放送は45分位だったけど、実際のイベントは2時間だったので、

細かくレポしてみました。

 

引き続きのドラマ放送が楽しみです!

(おしまい)

このブログの目次 - 田舎暮らしと本と映画。