読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

湊かなえ 「境遇」

ブックレビュー 作家 ま行

ブックレビュー 湊かなえ「境遇」

 (あらすじ)

陽子は子供の頃から、絵を描くことも物語を作ることも好きだった。

学生時代はボランティアサークルに所属し、

自分の作った絵本を子供たちに読み聞かせていた。

 

卒業後、図書館司書になってからもその活動は続けていた。

そんな陽子の姿を見そめた県議会議員の高倉と結婚した後は、

息子の裕太のために一冊の絵本を作った。

 

その本がひょんなことから外の世界に触れることとなり、

陽子はあれよあれよとベストセラー絵本作家になった。

 

幸福の絶頂にいると思われた陽子だったが、

息子の裕太が誘拐されてしまう。

 

開放の条件は「秘密を公表すること」だった。

 

秘密とは?

 

陽子の出自のことだろうか。

陽子は児童養護施設の出身で、本当の両親が誰なのか知らない。

 

それとも先代の頃から不正献金疑惑がささやかれた、

夫の高倉のことなのか・・・。

 

 

湊かなえさんの作品を読んだ後は、いつも読後感の悪さに心がざわざわして、

「もー!!絶対、湊かなえは、せいかくがわるいー!」

と、毒づいて、口直しに有川浩を読む、といったことをしていたのですが、

 

その「毒」が湊作品の魅力で、中毒性のようなものを持っているのだと、

今回気づきました。

 

f:id:koromo8oo8:20151208183452j:plain

 

今回の作品は、元々スペシャルドラマの放送を前提として書かれたのだと、

どこかで読んだのですが、

とにかくあっさりとした作品です。

 

主人公のできすぎた女性も、これからどんな本性を現すのかと、

ドキドキしていたけど、普通の人だったし、

 

県議会議員のご主人も、

「2世議員とか!一体どんな悪党なのかしら」と思っていたら

できたご主人だったし。

 

お姑さんを始めとする議員事務所の方々は割と曲者だけど、

「ワル」と呼ぶほどでもない。

 

湊作品の十八番である「毒」と「悪」の要素がとても薄い作品です。

 

読みやすいし、作品もまとまっているのだけど、

読み終わった今は物足りなさで、

毒々しい作品を読み終えた後より、心がざわざわしているような気がします・・・。

 

読者とは、勝手な生き物ですね。

このブログの目次 - 田舎暮らしと本と映画。