読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

神在祭、出雲大社参拝記2015

今年も神在祭の時期になりました。

昨日、2015年11月21日の夜、全国の神様はこの稲佐の浜から出雲入りされました。

f:id:koromo8oo8:20151122152053p:plain

以前の参拝記録はこちら↓↓

神在月の出雲大社に参拝したいみなさまに捧げるレポート。 - 田舎暮らしと本と映画。

ついでにこの記事もどうぞ↓↓

「ケンミンSHOW」の放送以来「出雲そば」がすごく食べたくなってしまった。 - 田舎暮らしと本と映画。

 

神様が出雲で過ごされる期間は毎年違います。

本年2015年の場合だと、

11月21日の19時から、神迎祭が始まって、

11月28日の16時から、神等去出祭のようです。

 

毎年の祭日については、こちらの出雲大社のHPで確認できますよ。

平成27年祭日表

 

今年も是非、期間中の出雲大社にお参りしたい。

でも、今年はなんと3連休と被っている・・・!!

でも、そこで行くしかない。

絶対に絶対にものすごく混む。

 

・・・・・・・・。

 

「夜明けと共にお参りしよう!」

 

毎年のお楽しみだった、

参拝後にお蕎麦を食べたり甘味を楽しんだりはできないけれど、我慢しよう。

それに、夜明けの紫色の空に包まれて、神様に祈りを捧げてみたい・・!!

 

出雲大社の開門は6時。

その時間に合わせて駐車場着。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

何故、駐車場がすでにほぼ満車?????

 

私の予想としては、

・前日の夜が神迎えだったので夜通しの神事に参加された方の車

・夜出発された県外組の方が、朝の4時とか5時に到着して休んでおられた

だと思います。

 

なんとか車を停めて、正面の鳥居まで歩く。

まだ真っ暗ーー!!

f:id:koromo8oo8:20151122153702p:plain

f:id:koromo8oo8:20151122153713p:plain

 

例年の昼間の混雑に比べたらすごく空いてるけれど、

それでも「夜明け前の神社」にしては人が多い。

 

松の木の参道を進み、本殿のお参り。

f:id:koromo8oo8:20151122154125p:plain

 

期間限定公開の龍蛇様のテントはまだ閉められており、参拝することができません。

 

お守りはこの時間でも買えるのかなあ?

自分が買う予定がなかったので確認しなかったのだけど、

お守りは早朝でも買えるかどうか確認しておけばよかった・・!!

 

もし売り場が開いているなら、神在祭のときは限定のお守りが販売されますよ。

これは2014年に購入したもの↓↓

f:id:koromo8oo8:20151122154600j:plain

 

同じ敷地内の北島宮へお参りする。

 

滝の流れる音が響き、心身がほぐれて癒される。

参拝客は他に誰もいなくて、

静かにこの一年の感謝をお伝えして、目を開けると、

夜が明けていました。

f:id:koromo8oo8:20151122154948p:plain

f:id:koromo8oo8:20151122155032j:plain

 神様がこちらの会議↑↑をしておられる、上宮にもお参りして、

稲佐の浜に向かう。

f:id:koromo8oo8:20151122155402p:plain

 

前夜、神様が歩かれた海は、

神々しくて、どこか「ぞくり」と感じるものもあって、

f:id:koromo8oo8:20151122155544p:plain

私たちは「生かされている」のだなあ、なんてことをぼんやりと思う。

 

海でのんびりしているうちに、すっかり日が昇っていました。

f:id:koromo8oo8:20151122155901p:plain

 

参拝にかかった時間ですが、

6時(開門)に到着して、

千家宮は本殿だけお参りして、あとは出雲大社(北島宮)と上宮と稲佐の浜散歩で、

駐車場に帰って来たのが7時30分なので、

この行程プラス、

出雲大社(千家宮)をもっとじっくりとお参りしたいと思われるなら、

もっと時間を取った方がいいと思います。

 

出雲大社から稲佐の浜は片道1.3kmで意外と歩きますし、

神社の敷地内は砂利なので、歩きやすい靴で来られるのがよいですよ。

 

みなさまがよいお参りができますように!

このブログの目次 - 田舎暮らしと本と映画。