読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」勝手にガイド(その1)~チケット購入から現地まで

ミュージアム

こちらは2011年に東京旅行に行った際に、

 真冬の東京ぐるめぐり2011(その1)~東京着、築地と丸の内へ - 田舎暮らしと本と映画。

その年にオープンした、

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に行った時の記録です。

作成日は2011年12月23日。

 

このミュージアムレポの内容は、2011年12月当時のものです。

ご了承くださいませ。

***********************************************************************************************

今秋のオープン以来、ずっと行きたかった 、
「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってきました。

f:id:koromo8oo8:20151112200339j:plain

 

年内は、チケットほぼ完売なくらい人気だという話だし、

私が行った当日も混んでいたので、

「効率よく見るためにはコツがいる!」

と感じたので、今後行かれる方に役立てばと思い、

ミュージアムレポ&ガイド日記を綴ろうと思います。

 

(ミュージアムに行くまで)

○ミュージアムは完全予約制。

ローソンチケットで2ヶ月前くらいから予約受付開始。

ミュージアム受付ではチケットは買えません。

f:id:koromo8oo8:20151112200820j:plain


○入場時間は、チケット購入時に選ぶ。

10時の開園から2時間刻みで選べます。

退場規制はないので、単純に10時からの回が一番空いているのでおすすめ。 

f:id:koromo8oo8:20151112201003j:plain

 

○駐車場はないので、徒歩か最寄駅(登戸駅)からのシャトルバスに乗る。

(シャトルバス、とっても可愛いので強くおすすめします!)

f:id:koromo8oo8:20151112201142j:plain

f:id:koromo8oo8:20151112202816j:plain

 

○登戸駅前でミュージアム用の一日バス券が売れています。

バス券も可愛い。

f:id:koromo8oo8:20151112201351j:plain

 

3種類ある、シャトルバスも可愛い。

f:id:koromo8oo8:20151112202837j:plain 

f:id:koromo8oo8:20151112202939j:plain

f:id:koromo8oo8:20151112203000j:plain

f:id:koromo8oo8:20151112203013j:plain

f:id:koromo8oo8:20151112203025j:plain

 

降車ボタンも吊革も可愛い。

f:id:koromo8oo8:20151112203253j:plain

f:id:koromo8oo8:20151112203309j:plain

f:id:koromo8oo8:20151112203329j:plain

 

(ミュージアムに着いたら)

玄関がすでに可愛い。

f:id:koromo8oo8:20151112203528j:plain

f:id:koromo8oo8:20151112203543j:plain

平日の午前10時だというのに、玄関前は長蛇の列。

 

ここのミュージアムで楽しめることは以下のとおり。

①展示

②シアター

③屋外のオブジェ

④キャラクターカフェ

⑤キャラクターショップ

⑥マンガコーナー 

 

いざ、ミュージアムの中へ・・・!

 

(つづく)

 このブログの目次 - 田舎暮らしと本と映画。