田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

映画 「そして父になる」

映画レビュー「そして父になる」

監督 是枝裕和

出演 

福山雅治 尾野真千子 真木よう子 

リリー・フランキー 樹木希林ほか

 

 こちらはお引越し記事です。元の投稿日は2013年11月6日。

*************************************************************************************

福山雅治ファンの母と共に見てきました。

 

(あらすじ)

福山雅治は大手建設会社のエリート建築士。

元部下で、今は専業主婦の妻・尾野真千子と、

お受験奮闘中の、

おとなしく賢い6歳の息子と高級マンションに住んでいる。

 

ある日、妻が里帰り出産した群馬の病院から連絡が。

当時の看護婦が意図的に、

とある夫婦の赤ん坊と息子を入れ替えていたのだと。

 

夫婦の本当の子供を育てていたのは、

群馬の小さな電気店の主人リリー・フランキーと、

弁当屋でパートをしている真木よう子夫妻。

 

取り違え事件の前例によると、

100%子供は交換すると言うが・・。 

 

 とりあえず、「父・福山雅治」がイケメンすぎて現実感ない。

あんなセクシーな

「日曜の午後、リビングで昼寝してるお父さん」

が現実にいるのだろうか、いやいない。


結論を出すことが目的じゃない

「起・承・承・承・・・」と流れる物語。


そんな、物語の流れ方プラス、

「登場人物の設定は、会話と映像から察してね。」

という世界観。

 

私は邦画独特のこういう感じ好きなのだけど、

「なんでもわかりやすくて、ハッキリしてないとつまんない。」

って人はダメかもしれない。

 

私は特に感情移入はせず淡々とこの映画を見たけど、

「もし自分だったら?」

と、迷いながら見る人は多いだろうなあ。

うちの母は、

「選べと言われたら、育ててきた子を選ぶ。

『血のつながりもないのに親子になった縁』

の方を大事にしたい。」

と言っていた。

 

それにしても、最近の子役ちゃんは本当に達者。

「週末交換」で本当の親であるリリー夫妻に預けられるケイタ。

福山夫妻が、本当の子供のリュウセイを連れて去っていく後ろ姿を見て、

見る見る不安に染まる瞳・・・。

すごい~・・!!

 演技だとわかっているのに、飛んで行って抱きしめたくなる!


オノマチ母の樹木希林さんと、

リリーさんが適当に雑談してるシーンが妙にユルくて、

「ここはたぶんアドリブだなー」

と、くすくすと笑いながら見ていました。



上映終了前にすべりこみで見に行ってよかったです。

koromo8oo8.hatenadiary.com


にほんブログ村