田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

川村元気 「億男」

川村元気 「億男」

 

弟が作った3千万円の借金を返済するべく

昼は図書館で、夜は工場で働く男、一男。

妻は子供を連れて家を出て行ってしまった。

心の支えは子猫の「マーク・ザッカーバーグ」

 

そんなある日、ひょんなことから宝くじを手に入れる。

その宝くじは3億円に化けた。

一夜にして億万長者になった一男は、学生時代の親友の九十九(つくも)へ

相談すべく15年ぶりに連絡を取る。

九十九は一男よりずっと前から億万長者になっていた男だった。

九十九の住む高級マンション訪ね、どんちゃん騒ぎをした翌朝。

九十九の姿は、一男の3億円とともに消えていた。

 

****************************************************************************************

この本のことを、「お金をテーマにしたエンタメ小説」

だと思って読み始めたのだけど、小説というより自己啓発本みたいな印象。

 

「小説ベースに生き方を解く」的な手法で、「夢をかなえるゾウ」みたいな印象。

主人公が3億円を手に入れて、

それを大学時代の親友に盗られてしまうところまでは、

ものすごくワクワクして読んだのだけど、

その後は「濃いキャラクター先生による自己啓発セミナー」

みたいな感じで、ちょっとだれました。

 

でもこれ映像化したら華やかで楽しそう~!

 

3億円が当選したことを知ってから、一時間おきに当選番号を再度確認してしまうとか、

銀行に引き換えに行ったら、こんな手続きが必要で、職員からはこんなアドバイスをされちゃうとか、

要所要所に入ってくる落語の場面とか、

登場人物がいちいち濃いところとか、

親友とモロッコを旅をする回想とか、

妻子を取り戻すことができるのか?とか、

 

キャストをとことん豪華にしたSPドラマにしたら、楽しそう・・・。

 

主人公は、草なぎ剛、ユースケ・サンタマリア辺りで。

シルエットがいつも美しいワンピースを着て、モノトーンのグラデーションの中にいる、

百貨店店員の妻は、吉田羊さんでお願い。

 

「富は海の水に似ている。それは飲めば飲むほど、喉が渇いていく」

というのは、大富豪になったことのない私でもわかる気がするわ。

 

愛とか、水とか、お金とか、

どんなに美しいものであっても循環させなければ腐ってしまうのだね。