読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしと本と映画。

邦画と本のレビュー。旅と神社と美しいものが好き。

宮部みゆき 「希望荘」~杉村三郎シリーズ(備忘録)

備忘録です。 宮部みゆき「希望荘」 希望荘 [ 宮部みゆき ]価格:1890円(税込、送料無料) (2016/12/25時点) 〇「名もなき毒」「ペテロの葬列」に続く杉村三郎シリーズ。 名もなき毒 [ 宮部みゆき ]価格:918円(税込、送料無料) (2016/12/25時点) 〇「ペテ…

(ネタバレなし)湊かなえ 「サファイア」

ブックレビュー 湊かなえ「サファイア」 宝石をテーマにした短編7本が収録されています。 サファイア [ 湊かなえ ] 実写化されそうな作品が多いなあ、と思いながら読んでいたら、 市議会議員の夫を殺害してしまった「わたし」が、 中学時代を回想する物語の…

三浦しをん 「天国旅行」

ブックレビュー 三浦しをん「天国旅行」 「心中」をテーマにした短編7本が収録されています。 天国旅行 [ 三浦しをん ] 「心中」といっても太宰治作品のような物語が綴られている感じではなく、 読み終わってから、 「本書は、『心中』をテーマにした短編集…

宮部みゆき 「悲嘆の門 下」

ブックレビュー 宮部みゆき「悲嘆の門 下」 読むのに支障があるようなネタバレはないつもり。 悲嘆の門(下) [ 宮部みゆき ] 上巻のレビューはこちら↓↓ koromo8oo8.hatenadiary.com 「悲嘆の門」は、宮部さんの既刊「英雄の書 上下」の続編になるそうなので…

湊かなえ 「リバース」(ネタバレなし)

ブックレビュー 湊かなえ「リバース」 リバース [ 湊かなえ ] (あらすじ) 大学卒業後、事務機会社で働いている僕・深瀬和久には秘密がある。 大学時代に親友の広沢を交通事故で失った。 しかし、広沢の死に深瀬自身が関わっているのだ。 ある日、恋人の美…

宮部みゆき 「悲嘆の門 上」

ブックレビュー 宮部みゆき「悲嘆の門 上」 悲嘆の門(上) [ 宮部みゆき ] 宮部さんの既刊「英雄の書 上下」の続編になるそうなのですが、 英雄の書(上巻) [ 宮部みゆき ] 英雄の書(下巻) [ 宮部みゆき ] 私はそちらはまだ読んでいませんが、今のところ…

湊かなえ 「境遇」

ブックレビュー 湊かなえ「境遇」 (あらすじ) 陽子は子供の頃から、絵を描くことも物語を作ることも好きだった。 学生時代はボランティアサークルに所属し、 自分の作った絵本を子供たちに読み聞かせていた。 卒業後、図書館司書になってからもその活動は…

三浦しをん 「あの家に暮らす四人の女」

ブックレビュー「あの家に暮らす四人の女」三浦しをん しをんさんの新刊ということで楽しみに待ってた一冊。 あの家に暮らす四人の女 [ 三浦しをん ] 東京都内の古い洋館に暮らす四人の女。 お嬢様育ちの老婦人・鶴代 鶴代の娘で、アラフォーの刺繍作家・佐…

三浦しをん「仏果を得ず」

映画やドラマも好きなので、 「映像化したら絵になるだろうな」 「たくさんの人に知ってもらいたいな」 と、思う作品に出会うと、 読みながら脳内でキャスティングを始めてしまうことがある。 「仏果を得ず」もそんな一冊。 仏果を得ず [ 三浦しをん ] 文楽…